九星気学

九星気学

九星気学とは

九星気学とは統計の実学

九星気学とは、「哲学」、「天文学」、「自然科学」が一体となった統計学で、天理自然の法則を体系化することで、森羅万象の運命を解き、開運する秘術の占学です。

その元となる古来中国より伝わる九星術は、西暦552年に日本に伝えられたと言われており、江戸時代には既に「家相」などを調べる「方位術」として広く知られていました。

園田真次郎により九星術から九星気学へと進化

そして大正時代に「園田真次郎」(易者名は荻野地角(おぎの ちかく)により、天海僧正が作った礎と九星術と陰陽五行説と十二支を組み合わせ、「九星気学」として日本全国広められました。

また、海外では「Nine star Ki」と呼ばれていて、アメリカやヨーロッパ各地でも人気があります。

九星気学は、寝所を起点としてみた方位と密接に関係があり、天地自然の法則に従って、現在の結果を得ています。

人々は気の中で生きている

気とは、本来形のないものですが、「大気」として宇宙に充満しており、人々はその中に生きていて、一生を過ごしています。

その「大気」のあり方を研究し、「気のあり方によって占う運命学が気学」です。

人は生年月日や時の大気を吸うことによって、その人の運命や性格に影響を受けることになるのです。

気は一定のサイクルで巡り繰り返される

気学では、気は大自然の中で目に見えないパワーのようなもので、大自然の中で目に見えないパワーのようなもので、大自然の行進をつかさどっていると思われます。

気学はこの気というものが、ある一定のサイクルで巡っております。

九星と本命星について

気を一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫の九つに分けて、 「九星」と呼び、気学の基本としました。

星と言っても、西洋占星術のように「天体の星」ではなく、易象から出た物です。

さらに、これに「木火土金水」の五行をつけ本命星として、決められます。

本命星には、生まれた年によって、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星としています。

鑑定料金について

メール鑑定

  • 遠方の方へはメール鑑定を致しております。
  • 個人鑑定書、相性ランキング、運勢カレンダーなど詳細資料付き
  • メール鑑定:10,000円税別
  • 銀行振込手数料またはクレジットカード手数料400円をご負担していただきます。
  • お申し込みは20歳以上の方に限ります。
  • お問合せいただいた後、折り返しご入金のご案内をいたします。

対面鑑定

  • 愛知県から遠方の場合、交通費をご負担いただければ出向くことも可能です。(要ご相談)
  • 個人鑑定書、相性ランキング、運勢カレンダーなど詳細資料計16枚付き
  • 対面鑑定:20,000円税別(60分)
  • 銀行振込手数料またはクレジットカード手数料800円をご負担いただきます。
  • お申し込みは20歳以上の方に限ります。 
  • お問合せいただいた後、折り返しご入金のご案内をいたします。